Enjoy now!〜 今を楽しむ☆ 〜

#アラフィフ女子 ナオさん&亡き愛犬ミコマコのブログ

からだメンテナンス!MRI結果→本当の痛みの原因は○○○だった😣

一昨日、MRIを撮りました。

結果、首も腰も骨と骨の間が狭くなっておらず、神経も圧迫されていないので、

「特に問題はない!」とのこと。

 

 

 

なので、

ここで終わっても良いのですが

続きがあるのです。

 

 

 

前回(3月)に撮った時には

▪️頚椎症性神経根症

けいついしょうしんけいこんしょう

▪️変形性腰椎症

へんけいせいようついしょう

(※ 症状は、一番最後に載せておきます。)

と診断されたのですが、今回は正常!

痛みの原因は、ここではないということが判明。

 

 

思わぬ結果に、驚きました。

そんなことあるんだ‼︎ 😳

 

 

と同時に、

やっぱり「股関節か… 😞」

 

 

生まれてこの方、なんの痛みもなく過ごしてきた私ですが…

3〜4年前くらいに「股関節」に痛みが出て、先天性股関節脱臼とわかりました。

 

 

<先天性股関節脱臼>とは

生下時もしくは生下後に大腿骨と骨盤の位置関係が悪く、股関節が「脱臼」をしている状態のこと。

乳児期早期の段階から症状が出現しており、両側の脚の長さが異なることで気付く場合があるそうです。

 

 

赤ちゃんの時に気付いてもらっていれば…

今頃、こんな風にはならなかったのに💢

 

 

と怒っても、まあ、今更なので…

「股関節」とは、仲良くやっていこうと思います😊

 

 

そんな感じで、

腰、お尻、太もも前、膝、スネ外側(たまに股関節)と痛みがでていたのは…

 

 

コイツ(股関節)かっ!

 

 

と原因がわかったことで、リハビリの先生も

「方向がハッキリしてきた!」

と喜んでました☺️

私も嬉しい😆

 

 

リハビリ週2回とは別で

①足ゆらゆら体操

内側

f:id:naomako:20210804220535j:image

外側

f:id:naomako:20210804220532j:image

足をゆらゆらさせて、

股関節とお尻の筋肉を緩めます。

(20回)  ⚠️ゆっくり行う!

 

 

②内筋を鍛えるため、クッションを挟んで

骨盤を前、後ろと交互に動かす運動

f:id:naomako:20210804232732j:image

ちょっとコツがいるけど

お腹の奥の筋肉も鍛えられます。

(20回)⚠️ゆっくり行う!

 

 

が、今の課題です。

お風呂上がりなどに、肩こりや腰のストレッチもしますが、メインはこちら。

朝、晩と、時間あるときにやってます😃

 

 

 

正直、整形外科や整体、接骨院、どこに行っても先が見えず…

もう痛みから解放されないのではと、ここ数日、落ち込んでました💧

あ、でも上半身の筋トレはやってます。

これが救い!😌

(筋トレはドーパミンやセロトニンなど前向きになれるホルモンが出るので、鬱々した日には無理やりでも行きます)

 

 

それと、

やっぱり、神さまはいると思うのです✨

良い病院(脳神経外科クリニックの腰外来というもの)

と巡り合わせて下さり、

ありがとうございます🙏

(たまたま… だと思うけど、そう思いたい!)

 

 

希望の光も見えてきました!✨

少しずつ、体がラクになってきているのです。

今日は掃除1時間半かかっていたところが、1時間でできました。

テキパキ動けるようになってきています。

 

 

今はパートで働いているので、健康診断がないため、体のことは自分で管理しないといけません。

先月、血液検査をしました。

白血球の量が少し多かったので、また採血しに行きます。

どこの病院もワクチンの予約が取れず💧です。

感染者数も増えて…

これが現実なのですが

暗いニュースは見たくないです😣

 

 

明るく前向きに、明日も頑張りましょう‼︎💪

 

 

 

最後に

◆頸椎症性神経根症とは、

首から手先までつながっている神経根が圧迫されることで、腕や手先に痛みやしびれなどの症状が表れる病気のことをいいます。

頸椎には7個の骨があり、これらの骨が積み重なった構造になっています。

骨の内側には脊柱管という脊髄(頚髄)が通るトンネルがあり、その頚髄から枝分かれした神経根が圧迫されることで痛みやしびれが生じます。

 

 


◆変形性腰椎症とは

人間の背骨(脊椎)は、24個の椎体という骨でできています。

その骨と骨の間には衝撃を和らげるクッションの働きをする椎間板があるが、年齢を重ねることによって、少しずつこの椎間板が薄くなって弾力性が失われ、骨と骨との結合が弱くなる。

この結合の弱さを補強しようとする生体反応で、脊椎の端にささくれて骨のトゲのような骨棘ができるといった変化が起きる。

このトゲが神経に当たって痛みが出ます。

 

 

↑ 気になられた方は、一度、病院へ!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました🍀