naomako&mikoブログ

今を楽しむ♪

国宝の宝庫【唐招提寺】@奈良

昨日の【薬師寺】からの続きです。

 

薬師寺を出て、車に乗ったところで

相方から

唐招堤寺(とうしょうだいじ)も行ってみる?」

と提案され、急きょ、行くことになりました。

 

国宝の宝庫である【唐招提寺】

どんなところか、少し説明させて下さいね😊

 

 

【唐招提寺(とうしょうだいじ)】

唐の高僧、鑑真和上によって759年に設立された寺院です。

以来1250年以上にわたって歴史的建造物仏教美術品が多数現存して、

我が国の文化の源流を考える上で、非常に重要な施設です。

 

 

『金堂』は、

奈良時代に建立された唐招提寺境内では最大規模の仏堂であり、

南大門(入り口)の真正面から望む美しい姿は

「奈良を象徴する風景」

の一つとして大変有名な存在となっています。 

 

こちら南大門からの風景⬇️

www.toshodaiji.jp

知らずに、

門を入ってから撮ってしまった💧

f:id:naomako:20210726163433j:image

 

堂内には

本尊である巨大かつ大量の化仏を有する光背が特徴的な

「廬舎那仏(るしゃなぶつ)坐像」(国宝)

⚠️写真撮影禁止。

(※ こちら、ポストカードの写真です。)

f:id:naomako:20210726162902j:image

 

伏し目がちの表情の

「薬師如来立像」(国宝)

f:id:naomako:20210726163018j:image

 

1000本近い腕が現存する圧巻の

「千手観音立像」(国宝)

f:id:naomako:20210726163036j:image

他、「四天王像」や「梵天・帝釈天立像」(いずれも国宝)が

安置されており、まさに「国宝の宝庫」と呼べる空間と

なっています。

 

唐招提寺には

奈良時代建立の『金堂(こんどう)』『講堂(こうどう)』

はじめとして多くの国宝、重要文化財があります。

 

『鼓楼(ころう)』

『礼堂(れいどう)』

『御影堂(みえいどう)』

『経蔵(鏡像)』

『宝蔵(ほうぞう)』

『新宝蔵(しんほうぞう)』

『戒壇(かいだん)』

『開山御廟(かいざんごびょう)』

『松尾芭蕉句碑(まつおばしょうくひ)』

『南大門(なんだいもん)』

『中興堂(ちゅうこうどう)』

『開山堂(かいざんどう)』

 

 

今回は、『金堂』だけ見て帰りました。

10年ぶりに、千手観音さまと再会できて嬉しかったです。

この手がダメならあの手を使いなさい。

それでもダメなら、その手でいきなさい。

それでもダメなら…

斎藤一人さんが説明していた千手観音さまを

思い出しました。

f:id:naomako:20210726173408j:image

【唐招提寺】

〒630-8032 奈良県奈良市五条町13-46

<交通アクセス>

近鉄西ノ京駅から徒歩で10分

<営業期間>

拝観:8:30~17:00 受付は16:30まで
<料金>  

大人:1000円  

中・高校生: 400円

小学生: 200円

駐車場までの道は、のどかな風景でした。

f:id:naomako:20210726173522j:image

駐車場横のお土産屋さんで

f:id:naomako:20210726173743j:image

ポストカード

f:id:naomako:20210726173835j:image

鹿の赤ちゃんを買いました😃

小さくて可愛いです♪

レジのお姉さんに

「オスじゃなくていいんですか?」

と言われたけど、女の子同士でいいのです。

 

 

このあと、

【中西ピーナッツ】さんに寄って、

途中、お蕎麦を食べて帰りました。

 

一昨日(24日)、日帰りで奈良へ行った話でした。

人も少なく、渋滞もなく、ブラ〜っと行くには奈良はいいです。

お寺巡りは、気持ちが落ち着きますしね。

 

 

さて

4連休が終わり、今日の仕事始めはいかがでしたか?

私は8月末で仕事を辞めるので、もう何も言われません。

気がラクです😊

色々考えないといけないのでしょうが、

とりあえず、一日一日を大切に過ごします。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました🍀